反対意見を言われて…

反対意見を言われて
「私がまちがっているのかもしれない」
と思うのは、
「私は正しい」
と思いこむのより健康で建設的です。

(谷川俊太郎質問箱)

わたしの妻は前者、
わたしは後者。

だから、夫婦関係はうまくいく?

ただ、
前者であれ、後者であれ、
思い込みやすいと、
健康的じゃない気がします。

その思い込みが、
正解に近づいていることなら
まったく問題ないけれど、

思い込めば思い込むほど、
どんどん離れていくとしたら、
生き方もズレてくるだろう。

わたしが提案するのは、
「健康的な思い込み」です。

今はこれが正しいと思って
生きていこう。けれど、
間違っていると分かったら、
変わるだけの余裕はもっていよう。

これがあったら、
人は幸せに生きていけるのでは、
と思うんです。

変わらないことは素晴らしい。
しかし、
変われることも素晴らしい。

こういう二つの視点がないと、
人は、自分の思い込みに、
自滅してしまう。

だから、
「変わること」
「変わらないこと」
どちらも評価してくれる世の中で
あって欲しいと思います。

(参考)谷川俊太郎質問箱


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です