成功とは、意欲を失わずに…

成功とは、
意欲を失わずに
失敗を重ねることである。

(チャーチル)

天才という言葉があって、
それは時に、
たいした努力もしないで、
成功を手にしているかのように
使われている。

しかし、現実には、
その天才を追い抜こうと、
猛烈な努力をしている人がいて、
そういうライバルに負けないくらい、
たくさんの失敗をして初めて、
天才と呼ばれる人々は、
成功者として居られるんだと思う。

失敗っていうものは、
誰にとっても目の覚める経験
に違いない。

大丈夫だと思っていたことが、
そうでもなかったと気づく。

失敗するたびに、
そんな気づきがある。
だいたいは、挫折感とともに…

そして、その挫折感が、
もれなく人間を強くして、
少しずつ、失敗に強い人間を
育てていってくれる。

大切なのは、そこだと思う。
成功する人間に育てるんじゃなく、
失敗に強い人間に育てること。

だって、何回失敗するか、
予測は不可能ですから。
そして、その失敗の先に、
成功があるんですから。

目が覚めるような失敗、
した方がいいです。
早ければ早いほど、
強くなれます。

(参考)チャーチルが愛した日本(関 榮次)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です