後になって幸せだったと気づくのは、…

後になって
幸せだったと気づくのは、
普通の人。

今この時に
幸せだなぁと気づけるのは、
本当に幸せな感謝できる人。

(作者不詳)

αさんからの投稿です。
「よく考えれば、誰でも
 毎日の生活にあるささいなことに、
 感謝できることや喜べることは、
 あるんだなぁと思いました。
 自分が何でも
 当たり前だと思ってしまっていて、
 喜んだり感謝していないのを
 恥ずかしく思いました。」

もっととか、
もう少しっていう思いが、
自分の頑張りに向けたものなら、
幸せにつながることもあるけど、

欲しいものだけに
向けられたものだったら、
キリがないかもしれない。

無欲がいいとは言わない。

今の幸せを実感した上での
望みや願いを持っていたい。

自分も、自分の子供たちも、
そんな思いでいられる人間で
ありたいなぁ…と思います。

味わう気持ちがあれば、
幸せは何度でもリサイクルして、
感じられるものだということでしょう。

一度きりしか味わえないわけでなく、
感謝する気持ちがあれば、
何度となく幸せ気分になれるのです。

それは、お得ですよね。

(参考)脳が教える! 1つの習慣(ロバート・マウラー)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です