自分の中にも、隠れたいいところが…

自分の中にも、
隠れたいいところが
いっぱいあるんだって思いたい。

いい年になって、
まだ表に出てないものが
自分の中にあると思うと、
愉快ですよね。

(ほぼ日、糸井重里)

実際、何歳になっても、
そんなふうに思えたら、
自分をあきらめることなく
生きていける気がします。

身内の人間から見放されても、
所持金が底をつきそうになっても、
どんだけ不運続きの毎日でも、

まだ、自分には、
隠れたいいところが
いっぱいあるんだって思えたら、
きっと、それだけで幸せですよ。

今は、そのことについて、
誰もほめてくれなくても、
自分だけは、ちゃんと知っている。
何の疑いもなく…っていう感じ。

それって、好奇心が尽きない、
ってことにも通じるかもしれない。

自分への好奇心や、
その他のことへの好奇心。

好奇心があれば、
可能性の世界が閉ざされることはない。

糸井さんは、こんな言葉も言ってます。

「食わず嫌いをしなければ、
 好奇心のはばたきは、
 どこまでもあなたを
 連れていってくれます。」

自分だけは、自分の限界を
決めちゃいけないんですよ。

(参考)はたらきたい。(糸井重里)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です