人間というのはどうしてこうもつまらないことに…

人間というのはどうして
こうもつまらないことに
差異を見出して、
優越感を覚えようとするのだ。

(死神対老女、伊坂幸太郎)

私にはピンクが似合うけど、
あの人には、ピンクが
ちょっと似合わない。

この前のテストで、
私は86点で、ヤツは85点。

オレは5:50に着いたけれど、
あいつは5:55に着いていた…。

人間は、
ちょっとした差を見つけるのが、
とても上手だ。

自分の中で満足するために、
見つけている差もあれば、

やっぱり、
他人からの注目を集めたいために、
見つけようとしている差もある。

実際は見つけたところで、
どうってことのない差のはずだが、

それを大げさに話すことによって、
その後の差を大きくしていたりする。

ウワサ好きの人間の間では、
大げさに話す才能が
とても重宝する。

そうでない人間の間では、
うっとうしがられるだけなのだが、

器用な人間は、
そういう話し方を
うまく使い分けられたりするもの。

中身の差で勝負できる人間に
なりたいものです。

っていうか、
勝負しようと思っている段階で、
中身がないのかもしれませんね。

(参考)魔王 (伊坂 幸太郎)

No.2445


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です