どんなことでも、自分に必要だから起こる。

どんなことでも、
自分に必要だから起こる。

(13歳からのシンプルな生き方哲学、船井幸雄)

あの人が怒って、
自分にもトバッチリが来た。

ぶつかりそうで身をかわしたら、
ケータイ電話を落としてしまった。

居眠りこいていて、
あわてて起きたせいで、
忘れ物をした。

そんな何かが、毎日起こっています。

容易に乗り越えられるものもあれば、
目の前にきた瞬間に圧倒されるものもある。

はたまた、容易なのに、
勘違いでうろたえてしまうものもある。

いずれにしろ、
何か必要だから、
そういうことが起きている。

必要なことを教えてくれるために、
いろんなことが起きるんです。

ありがたい限り。

遠いところで起きていることが、
自分に何かふりかかってくることはない。

近いところで起きている何かの方が、
自分のことを左右したりする。

遠くを眺めながらも、
近くもよく見ていないと、
つまずくことになる。

でも、つまずいても、
気にしなくていい。

つまずく理由があっただけ。
そこから何かを学べる。

(参考)13歳からのシンプルな生き方哲学(船井幸雄)

No.2617


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です