一年のうち、そうね、364日くらい…

子供を持つとね、
一年のうち、そうね、
364日くらいまでは怒ったり
怒鳴り散らしたり、
そんなことばっかりよ。
理想と現実はかくも違うかって、
ほんと自分が嫌になる。

でも、でもね、一日か二日は、
本当に心から嬉しくて、ああ、
子供を持って良かったって思うの。
そんな瞬間のために、人は
親になるんじゃないかって思う。

(きみが見つける物語[三月の兎]、加納朋子)

子育てに限ったことでなく、
仕事でも何でも、
何かを育てていこうとする時には、

思い通りにいかない日々が、
その大半で、その対応に
忙しくなることが多いと思います。

だから、そういう中で、
ささやかなことでもいいから、
ちょっと思い通りにいった、
という喜べる瞬間があると、
とても嬉しいもんです。

とにかく、
何かを育てるっていうのは、
そんなに簡単じゃない。

逆に言えば、だからこそ、
人生にはいつも、
何かを育てるような時間が
あったほうがいいと思う。

育てるものがなくなると、
人は、たぶん、だらしくなる。

育てるものがあるうちは、
ちょっとしっかりしてくる。

自分の人生が、
自分だけのものじゃなくて、
自分が育てているものの先行きにも
かかわってくるわけだから。

どんな人でも、一つはできる。
それは、自分育て。

(参考)スペース(加納朋子)

No.2928


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です