度胸がありすぎるというのは…

度胸がありすぎるというのは
危険な兆候なんです。

(震度0、横山秀夫)

これは、
決心が強すぎるのが、
あまり良くない時がある、
っていうことにも通じそう。

過激なダイエットの決心が
強いときには、
体がボロボロになってしまうまで
やってしまいがちです。

ダイエットが成功(?)した時には、
大切な部分の肉までそげてしまって、
そうなってからは戻れなくなっている。

度胸がありすぎると、
怖いもの知らずでいいんだけれど、
本当に怖がらなきゃいけないものには、
やっぱり、恐怖心をもつ冷静さが
あってほしい。

恐怖心をもつ冷静さ、
なんて表現はちょっとおかしいけど、
たとえば、
感染するかもしれない食べ物を
度胸で食べるのは、やっぱりおかしい。

人は、
自分で決心しないと、
勇気を出さないと、
度胸をもっていないと、
前には進めない。

しかし、
それを活かすところは、
ずるいことをするとか、
間違ったことをするとか、
危なすぎることをするとか、
そういうんじゃない。

反対に、
やるべきことを
やらなきゃいけない時に、
開き直って、
何もしないという度胸を
見せる人もいるしね。

大切なのは、
何に度胸を使うか、
ってことだ。

(参考)震度0(横山秀夫)

No.2990


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です