面倒くさがるなって言っても仕方がないし、…

面倒くさいと思う人に
面倒くさがるなって言っても仕方がないし、
面倒くさがる人は必ずいるのよ。
協力するべきなのにってブツブツ言うより、
協力的じゃない人に協力させる方法を
考えたほうが建設的じゃない?

義理も縁もない他人に何かを頼むとき、
「協力してくれるべき」とか
「してくれるだろう」とか
甘い見通し持ってる奴は絶対失敗するわ。
協力って期待するものでも
要求するものでもなくて、
巧く引き出すものなのよ。

(図書館戦争、有川浩)

協力してもらえることを、
当然のことのように思い始めると、
お互いの歯車が狂い始める。

協力してください、
ってへりくだって頼むのも
一つの方法だけれど、

へりくだったからと言って、
みんなが快く協力してくれる
とは限らない。

結局、協力すること、
自分もそこに参加することが、
自分にとってもメリットがある、
いいことだ、という気持ちを
抱かせることができないと、
人の力は集まってこないのだ。

人の力をうまく引き出す、
協力っていうのは、
お互いの思いがあって初めて、
いい成果が出てくること。

人の数だけ集まっても、そこに、
人の心から湧いてくる力がないと、
何も動かせない、変えられない。

協力者が増えれば増えるだけ、
果たせることも大きくなる。

でも、まとめることができなければ、
人の数だけ問題をふくらませること
にもなってしまう。

協力を引き出す方法。
身につけたいものです。

(参考) 図書館戦争(有川浩)

No.3523


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です