成功の鍵は責任である。…

成功の鍵は責任である。
自らが責任をもつことである。
あらゆることがそこから始まる。

大事なのは地位ではなく責任である。
責任ある存在になるということは、
真剣に仕事に取り組むということであり、
仕事にふさわしく成長する必要を
認識するということである。

(プロフェッショナルの原点、P.F.ドラッカー)

人は親になると、
しっかりすると言われる。

しかし、これは、
正確に言い表していないと思う。

人は「育てるもの」があると、
しっかりするということだと考える。

つまり、育てる責任を感じると、
心の成長に向かって歩み始める、
ということだ。

かと言って、
ペットでも植物でも、
育てるべきものを与えれば、
しっかりしてくる、
というわけでもない。

本人が、
その育てるべきものに対して、
責任を感じ、自覚しなければ、

与えられたもの、責任は、
枯れたり、死んでしまうだけだ。

だから、
そこが分かった時に、
本当に難しいことは、

責任を自覚させることだと
見えてくる。

なぜなら、本来、
人にはそれぞれ何かしら責任があるはずから、
しっかりしていて当然なのだ。

責任があるにもかかわらず、
それを嫌ったり、逃げたりしているから、
その重みが見えなくなったり、
結果がボロボロになっていたりする。

責任を自覚することによって得られる、
自分の自由、コントロール、
これが見えるように助けること。

かなり難しいだろうなぁ。
(場合によっては、お金を使う人もいるだろうけど…)

(参考)プロフェッショナルの原点(P.F.ドラッカー)

No.3700


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です