平和とは敵が見えにくいこと。…

平和とは
敵が見えにくいこと。

(あれも嫌いこれも好き、佐野洋子)

平和が悪い、
っていうわけじゃない。

平和ボケが、良くない、
って言っているんだと思います。

たしかに、
私たちは平和ボケしていることが
少なからずある。

自己実現とか、
自分らしさとか、
自分に合っていないとか、
自分に向いていないとか、
そういうことだけに没頭し、

自分のことだけを
考えていられるのは、
平和な時間が
それを許してくれるから。

それどころでない状況では、
そんなことが出来るわけがない。

そういうことに思いを馳せると、
やっぱり、日本は平和なんだなぁ、
と思わされます。

そういう自分も、
きっと、平和ボケしている。

敵が見えないときには、
自分を甘やかしてしまいます。

甘やかしても、
誰からも責められないし、
誰も自分を脅かしてくることがない。

だからと言って、
そのままでいると、
だいたいは、
その均衡を破るようなことが起きる。

そこでハッとわれに返って、
敵が見えてくるわけです。
一番の敵が、自分だったりもする。

平和ボケはいけませんね。
敵をたくさん作る必要はありませんけど、
敵が一人くらい見えていた方がいいのかな。
ライバルでもいいけどな。

(参考)あれも嫌いこれも好き(佐野洋子)

No.3733


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です