頑張ってる友達に会うには…

頑張ってる友達に会うには
自分もそれ相応に
頑張ってないと会えない。

(雑誌「ダ・ヴィンチ」、たむらぱん)

自分が頑張れない時って、
他人がニセモノに見える気がする。

だから、
反抗期の子供たちは、
自分がうまくがんばれないことで、
時に、大人の姿がすべて
そのニセモノに
見えていたりする。

それで、
世の中を分かったような、
すれた感じの人間に
なったりすることも…。

自分が頑張る時には、
そのがんばっていることが
うまくいってほしいものだ、
当たり前の願望として。

しかし、
努力したことが、
必ずうまくいく保証なんてない。

すると、
比較が好きな人は、
自分が勝てる人にしか
顔を合わせられない。

負けるわけがないと思っているのに、
負けていると思わされてしまうような、
コンプレックスを感じさせられる相手には、
顔を見せられないもんなのだ。

ただ、
このコンプレックス、
っていうのも、時には、
大切かもしれない。

ますます頑張れるようになるか、
もう、どうでもいいやと開き直るか。

いずれにしろ、人は、
がんばっている友達を意識して、
成長できるような気がするから。

(参考)SOS(たむらぱん)

No.3781


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です