どんなものをしょって…

どんなものを
しょって
どんなものを
しょわなくていいのか、
しょってみるまでは
分からない。

(蛇を踏む、川上弘美)

生きていれば、
いろんな重荷があって、
背負ったり、
おろしたりの繰り返し。

そのうち、
これならずーっと
しょって歩いてもいいな、
って思えるものに出会えたら、
幸せな気がする。

何一つしょうことなく、
歩こうとしていれば、
それをうらやましがる人々に、
ものすごい邪魔をされたりする。

だから、だいたい、
何もしょわないなんてことは、
まず出来ない。

だから、
ずっと背負ってもいいものを
見つけるのが、
人生の目的なんでしょう。

それに、
重荷がずーっと
重荷のままとは限らない。

目的地まで
しょっていって
おろした時に、

思いがけないものに
育っていることも
ありますからね。

一度かぎりの人生。
ずーっとしょっていきたいものを、
がんばって、探そう。

どんな環境でも、どんな時代でも、
きっと、それが見つけられるでしょうから。

(参考)蛇を踏む(川上弘美)

No.4151


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です