自分の考えたとおりに…

自分の考えたとおりに
生きなければならない。

そうでないと、
自分が生きたように
考えてしまう。

(君を成長させる言葉[ポール・ブールジェ]、酒井穣)

人生のスタートに立った、
という意識があるうちは、
大きな夢を描いて、
いろんなことを考えて、
生きていこうって思う。

けれど、それが
すんなりうまくいくことは、
めったにない。

そんなうまくいかないことが
増えてくると、だんだんと、
あきらめが多くなって、
「これしかなかった」
みたいな生き方を選ぶようになっちゃう。

すると、
そのように生きざるを
得なかった生き様の結果から、
自分の人生訓を作るようになる。

人生は…だ、

人は…するもんだ、

大切なことは…だ、

みたいに理屈づけるようになる。

夢も、希望もないような人生訓が
染みついた人間にはなりたくない。

仮に「後退」するような選択でさえも、
しょうがないという
あきらめの選択でなく、

自分の生きる道への途中として
考え続けていくようにしたい。

結果は結果、現実は現実。
それがすべてじゃない。

その結果から、
新しい時間に、新しい自分に、
いつも何かしらつなげられるはず。

(参考)君を成長させる言葉(酒井穣)

No.4563


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です