信じてない人間はいるものだし、…

信じてない人間はいるものだし、
なんで信じてくれないんだって
言っても仕方ないってこと。

(ゴーストハント4 死霊遊戯、小野不由美)

信じたくない相手のことは、
どんなことがあっても信じたくない。
信じたい相手のことは、
どんなことがあっても信じる。

ただし、それだって、
自分の身にふりかかる損害が、
それほど大きくないうちだけ、
っていうのが人間の現実じゃないだろうか。

あんまり、
信じているように見せることとか、
信じているように見えることを
気にしない方がいい。

それは、逆に、
信じていないように見せること、
信じていないように見えることに
ついても言える。

「信じている」「信じていない」
と口で言っても、
それは人間が言っていること。

神さまが約束したことでも
ないんだから、
いつか変わるか知れない。

そういう気持ちでいれば、
裏切られたとかってこともないだろうし、
人を責めたり、落ち込みすぎることも
ないだろう。

自分が信じられる価値があるかどうか、
について考えすぎてもしょうがない。

それよりも大切なのは、
自分が自分を信じて、
とりあえずがんばってみること
じゃないだろうか。

他人に信じてもらえなければ、
がんばれないっていうのは、
自分を信じる力が、
まだ足りない証拠だから。

(参考)ゴーストハント4 死霊遊戯(小野不由美)

No.5557


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です