或る状況には強いけれど、…

強い弱いは、
簡単には言えません。

人はそれぞれ、
或る状況には強いけれど、
別の状況には弱い、
そういった生きものです。

(贈られた手、天童荒太)

あらゆる場面で強い、
という人は、めったにいない。
同じように、
あらゆる場面で弱い、
という人も、なかなかいない。

強くなれる場所、
弱くなってしまう場所、
人それぞれ、もっている。

仕事であれば、
一人でどんどん
こなしていくようなことは
何の問題もないけれど、

根回ししたり、
誰かと協力しながら、
進めなければいけないことは
かなり苦手だという人もいるだろうし、

まったく、その反対の人もいる。

それは、
幸せそうに見えるから、
何の困難もなく、
ずーっと幸せだったんだろう、
とうらやむことや、

いま不幸そうだから、
過去に何かやらかして、
そのせいで不幸なんだ、
と決めつけることも、

勘違いだって言えるだろう。

ずーっと強い人も、
ずーっと幸せな人もいない。

その時々に、
弱さを自覚したり、
不幸を味わったりするのだ。

人生には、いろんな場面がある。
それを忘れると、自分自身が、
ちょっとしたこと、
ちょっとした弱さや失敗を
見つけただけでつまずくことになる。

忘れないようにしないとな。

(参考)贈られた手(天童荒太)

No.5682


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です