無駄なことを…

無駄なことを
いっぱいやって、

なにが大事なのか
わかるんじゃないか。

(水滸伝 9 嵐翠の章、北方謙三)

もしも、
人のしゃべる言葉が、
ムダなことばかりだったら、

きっと、
聞き飽きるだろうなぁ、
と思います。

反対に、
人のしゃべる言葉に、
何一つムダなことがなかったら、

それも、
また同じように、
聞き飽きるだろうなぁ、
と思うのです。

ムダなことは、
やっぱり必ずしも、
必要なことではない。

けれど、
必要じゃないけれど、
それがあることで
何か余裕やゆとりを生んで、

いい結果をもたらすことも
少なくない。

そして、
幸いなことに、

何か物事をする前に、
無駄かそうじゃないか、
いつも分かっているとは
限らない。

これが助かります。

これから、
無駄なことをするぞー、
っていう感覚は、

自分にしてみれば、
なんとなく後ろめたいし、
周りにすれば、
そんな暇があるなら
手伝ってくれみたいな空気に
なりがちな日本だからです。

ムダかどうか分からないからいい。

だからこそ、ミスもあるけれど、
それによって、面白くなったりもする。

ムダっていいんだな。

(参考)水滸伝 9 嵐翠の章(北方謙三)

No.5810


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です