裏切られてもかまわない…

信じるというのは、
本来は裏切られてもかまわない、
というものであるべきです。

(禅とハードル、南直哉+為末大)

もう降らないだろう、
と信じていた雪が、

先週末にまた、
どかーんと降ってきて、
家のまわりは、
積もりに積もって、
窓の高さを超えています。

ああ、信じていたのに、
と思うのですが、
こちらの勝手な感情で、
天候、自然現象には、
まったく関係ない話のようです。

こんな大雪ですから、
降れば降るほど、
心が鍛えられます。

信じるという経験も、
たいへん貴重ですが、

それが裏切られる
という経験は、
もっと貴重なようです。

何もかも、
思い通りなんてことになったら、
人間は、きっと、ダメになる。

「自分は何でもできるんだ」

と勘違いするようになる。

だから、
そうならないように、
タイミングよく、

自分の力では
どうにもならないことが
自分に降りかかってくるのでしょう。

それでもそれでも、
信じたくなるのが人間。

そして、
そういうことを
乗り越えると、
本当に信じるべきことは何か、
何に頼るべきかってことを
学んでいくわけです。

(参考)禅とハードル(南直哉+為末大)

No.5834


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です