今まで黙ってたことなら、…

今まで黙ってたことなら、
今も言わなくていいよ。

そういう種類の話は、
黙ったまんまに
しておいた方がいいんだ。
しゃべっちゃおうと
思うのは気の迷いなんだ。

(ソロモンの偽証 第III部 法廷、宮部みゆき)

秘密は
秘密にしているときが、
一番価値がある。

けれど、
その秘密の価値が、
どれほどのものだったか、
っていうのは、
知られたときに初めて分かる。

ただ、
知られた瞬間から、
その価値はどんどん
下がっていく。

だから、
秘密の価値は
矛盾している。

そのため、
秘密の価値を
知らしめたくなる気持ちが、
一番危ない。

「私だけが、知っているんだぞ~。」

「私の秘密は、すごいよ。」

「知らなくて、かわいそう。」

なんて気持ちを、
行動に移しちゃいけない。

秘密をもらしたら、
だいたい、ガッカリすることに
なっているんだ。

「その程度のことか」
と言われたり、
もらしたことで
不利益をこうむったり…

そもそも、
自分に関心を向けたいがための
秘密なんか、持たない方がいい。

そして、本当に秘密なことは、
持っていることすら、言わない方がいい。

(参考)ソロモンの偽証 第III部 法廷(宮部みゆき)

No.5845


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です