弱いものをかばうことでしか…

人間は
強いものに導かれて
強くなるんじゃなくて、

弱いものをかばうことでしか
強くなれない。

(評価と贈与の経済学、岡田斗司夫)

強い人と
つるんでいると、
自分までも
強くなったような気がする。

しかし、
そうじゃなかった、
ということを知る時が
必ずやってくる。

逆に、
弱い立場の人々と
ともにいる時間が
長くなると、
考えることが違ってくる。

老いた人々と
いっしょにいる時間には、
人生って何だろうなぁ、
と考えさせられるし、

病に苦しんでいる人々と
いっしょにいる時間には、
それに加えて、
社会って何だろうなぁ、
なんて考えさせれることもある。

子どもといる時には、
素朴な考え方、
物事のシンプルな見方を、
思い起こさせられる。

私たちは、
強くなりたいと
思うことが多い。

成功している人、
幸せそうな人を見て、
真似ようと考える。

しかし、
弱い立場の人々を
思い起こさないと、
人生の半分を忘れている
ようなことになるだろう。

なぜなら、いつの日か、
自分も弱い立場になるからだ。

(参考)評価と贈与の経済学(岡田斗司夫)

No.5861


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です