痛い目に遭わないと、…

痛い目に遭わないと、
人間はほんとうには
変われない。

だからこそ指導者は、
ときにはあえて
失敗させることも
必要なのである。

(負けかたの極意、野村克也)

高3次女が、
先週終わったテストの
採点結果を持ち帰ってきている。

平均以上の教科が
半分くらい、
それ未満が
半分くらい、
という感じだ。

できれば、
1月のセンター試験、
その後の一般選抜という
受験スタイルでなく、

長女のように、
12月頃に決まる
推薦入試、AO入試で
合格させたいと思っている。

本人も、出来る限り、
早く楽をしたい気持ちがあり、
それを願っているようだ。

しかし、
行動のほうはというと、
それに向けて、
がむしゃらにがんばる、
というわけではないらしい。

そうなると、
結果はどうなるかな。
やっぱり、2月まで
難儀することになるかな、
とか考えて、心配している親。

しかし、親がいくら心配しても、
しょうがないのだ。本人の
本当の目覚めが来ない限り…

(参考)負けかたの極意(野村克也)

No.5924


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です