ものを知らないことが、なんだ。…

ものを知らないことが、なんだ。
そんなことで、人の価値が決まるものか。

(水滸伝 13 白虎の章、北方謙三)

わかっているのに、
「わからない」
と思ってる人がいれば、

わかっていないのに、
「わかってる」
と思う人もいる。

仮に、
知らないことがあるとしても、
自分が知っていることで十分に
生きられるのなら、
それはそれでいいんじゃないか。

そして、
知るべきことが見つかった時には、
それを避けることなく、
学ぼうという気持ちがあるのなら、
十分じゃないか。そう思う。

知ってる、知らないよりも、
学ぼう、知ろうという思いが
あるか、ないかが大切なんだな。

(参考)水滸伝 13 白虎の章(北方謙三)

No.5947


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です