本当につまらない授業があったら、…

本当につまらない授業があったら、
居眠りするのではなく、
「この授業は、なぜ
 つまらないのだろうか?」
と考えてみてはどうでしょうか。

(学び続ける力、池上彰)

つまらないと分かっていても、
退屈だと感じていても、
その場にいなければいけない、
という時が人生にはあります。

銀行やスーパーのレジ、
病院の待ち時間なんかも、
それらの1つでしょう。

要は、次に進むために、
何かしら待たなければいけない。

一見無意味に思えるものを、
じーっと待たなければいけない。

そういう時でさえ、
ほとんどの場合は、
思考は自由なんですよね。

だから、
「つまらない」とか
「退屈だ」と考えられる。

その自由な思考をどう使うか、
その使い方を身につけたら、
退屈であるしかない時間が、
生きてくるんでしょうね。

(参考)学び続ける力(池上彰)

No.5991


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です