迷うべきときに…

迷うべきときに
迷うことも
才能なのです。

(聖なる怠け者の冒険、森見登美彦)

深く考えられる、
というのは、
やはり才能で、

何も考えない、
頭にひっかからない、
というのは、やはり、
そこの力が足りない。

ただ、
考え込まない、
だから悩みもない、
というのも、
うらやましい才能である。

その代わり、
周りが考えるハメになっていて、
迷惑をこうむっているのなら、
話は別だが。

考えて
論理的に答えに
たどりつける。

いろんな考えが
たっぷり蓄積されていて、
時に、ひらめく。

どちらも、
すんごい才能だな。

(参考)聖なる怠け者の冒険(森見登美彦)

No.7015


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です