幸せとは、あるがままの自分を…

幸せとは、あるがままの自分を
素直に受けいれることからはじまる。

(ショート・トリップ、森絵都)

本当の意味で、
自分を嫌うということが、
わたしには、よく分からない。

自分を嫌うから、
整形手術を行う。

自分を嫌うから、
自分に傷をつける。

自分を嫌うから、
出来ないこと、
足りないところを
隠したり、直そうとする。

どういうことが、本当の
「嫌う」ということなんだろう?
と考えてしまう。

無理な変化を
自分に強要するのも、
変わらないとあきらめるのも、
自分を嫌っていることに
なるのだろうか?

受けいれるというのは、
あきらめるとも違って、
この自分をどう活かすかを、
真剣に考えられることかもしれない。

ある意味、ゲームのように。

(参考)ショート・トリップ(森絵都)

No.7023


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です