人生とは不思議なものだ。…

人生とは不思議なものだ。
一生懸命働いているのに、
なぜか充実感より、
空虚さの方が強いときがある。

また反対に、失敗続きで、貧乏で、
明日がまったく見えないのに、
空虚さは感じず、自分の生を
強烈に感じて充実しているときもある。
みんなと笑って、一人で泣いて。

(憤死、綿矢りさ)

自分がいい状態にいる時、
信じているつもりなのに、
ちょっとしたことで、
不安になったり、
疑いの気持ちが湧いてきたりする。

ああ、まだまだ、
自分は弱いんだな、
と思わされる。

反対に、苦しい状態で、
どうしようもないと思える時には、
ささいなことには
それほど動揺せず、
引き締まった心で
立ち向かえたりもする。

娘らのやる卓球でいえば、
5-1とか、7-3というリードした状態で
試合を進めたいのだけれど、

5-6とか、9-8という競った状態の方が
集中力を高く保ことができる。

結局のところ、
集中力を欠いてしまうような
余裕とかが、ふっと出来てしまうと、
人は弱いのかもしれない。

(参考)憤死(綿矢りさ)

No.7024


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です