希望を奪う者がいれば、…

希望とは、
人が生きる原動力だ。
どんな酷い目に遭っても、
どんなに貧しくても、
希望を失ってはならない。

そして、人々から
希望を奪う者がいれば、
我々は勇気を持って
闘わなければならない。

(ベイジン・上、真山仁)

希望を全く持てない、
という環境を生きたことがないと、
ぜいたくになるかもしれない。

これが欲しい、
あれが欲しい、
これがしたい、
あれがしたい…

そんなことを言えるのは、
自分であれ、まわりの人であれ、
それを叶えられる可能性や力が
あるから、言えるのだ。

それが全く望めない、
となったら、どうだろう?

人は想像する。

叶えられそうなことを
想像するとワクワクするように、

全く叶えられない、
その先が真っ暗なことも
想像できるから、それこそ
「うつ」状態になるんだろうなぁ。

生かされてる環境によっては、
希望を持ち続けるって
本当に大変だろうなぁ。

(参考)ベイジン・上(真山仁)

No.7101


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です