「みんな」って嫌いだから。…

わたしは
「みんな」って嫌いだから。
「みんな」が
「みんな」でいるうちは、
友だちじゃない、絶対に。

(きみの友だち、重松清)

みんなが友だち。

っていう言葉は、
響きはいいけれど、

それに縛られ始めると、
かえって、友だちの関係が
歪んでくる。

違うことができない、
それをすると遠ざけられる。

思ったことが言えない、
言ってしまうと浮いてしまう。

リーダー的な存在が出来たら、
服従しないと、気まずくなる。

同著には、こんな言葉もある。

「わたしは、
 一緒にいなくても
 寂しくない相手のこと、
 友だちって思うけど。 」

いつでもどこでも、
いっしょに居るのが友だち。

これに縛られるのも大変だ。

自分は
どんな友だちでありたいか、
どんな友だちが欲しいか。

みんなが欲しい「友だち」を
求めているだけでは見えてこない。

(参考)きみの友だち(重松清)

No.7104


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です