人間の不幸の基本原理ってやつは、…

人間の不幸の基本原理ってやつは、
すなわち、結局は
自分の心しか知らない、
という情報不足に起因しているんだ。
自分以外の人間のことは
想像するしか手がない。
世の中には、
もの凄く沢山の人間がいて、
みんなそれぞれに自分を持っている。

みんな考えているんだ。
でも、考えても考えても、
自分の気持ちしかわからない。
他人の気持ちはまるでわからない。
とにかく、精一杯
想像してみるんだけれど、
その想像っていうのも、所詮は
自分の思考や感情との対比から
形成されるものだ。
どんな高等な頭脳であっても、
これは同じだろうね。
基準は常に自分の観測にある。
例外があると思うかい?

(赤目姫の潮解、森博嗣)

分からないことは、
想像するしかない。

しかし、想像が
誤った方向であれば、
想像して分かった「つもり」に
なっているよりだったら、
想像しないほうがいい。

分からないほうがいい。

分からないことだと思って
向き合うほうが、

分かったと思い込んで
向き合うよりマシだ。

ということが分かるまで、
何度も想像ミスをするんですがね。

(参考)赤目姫の潮解(森博嗣)

No.7110


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です