才能には質があって、…

才能には質があって、
一つしか出来ない才能もあれば、
あれもこれも可能な
多才の才能もあるのです。

どちらが純粋でどちらが不純、
どちらが本物でどちらが偽物など
決められないと思います。

(若き日に薔薇を摘め、瀬戸内寂聴)

才能は、結果的に
比べたり、競争したりする場面が
多くなるかもしれないけれど、

始めから、それしかないとすると、
才能を伸ばそうという気持ちを、
早々にあきらめてしまう可能性がある。

どうせ、勝てない。

どうせ、あの人と比べたら、
たいしたこと出来ない。

そう思い込んで、
自分を閉ざしてしまう。

10まで伸びることはないとしても、
7までは伸びるかもしれない才能を、
伸ばそうとしない。

その代わり、他のことを
伸ばそうとするならまだしも、
それもしないのは、
単なる怠慢だ。

人生、そういうことで、
いいことが起こるとは思えない。

(参考)若き日に薔薇を摘め(瀬戸内寂聴)

No.7119


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です