心の悩みを…

心の悩みを
打ち明けられる人が
一人でもいれば、
生きていくのに
十分ではないか。

(居眠り磐音(17) ─ 紅椿ノ谷、佐伯泰英)

子供の頃に学んだ「論語」
のせいなんだろうか。

「四十にして惑わず、
 五十にして天命を知る、
 六十にして…」

の通りに、歳を重ねると、
落ち着いてくる、
悟りを得てくる、
みたいに思っていた。

しかし、どうも、
自分を見ても、
自分の親も含めて
高齢者の方を見ても、

ダメなところは、
ダメなままという気がする。

今年の目標の一つに、
母とスカイプを
つなぎっぱなしにして、
聞き役になることを決めたが、

聞けば聞くほど、
母の性格や口癖を通して、
自分にある欠点やら話し方に
気づかされて、苦笑いの日々だ。

さらに思うのは、
しゃべってもしゃべっても、
癒されることのない「底なし」の
おしゃべり依存症っていうのも
あるんじゃないかということ。

おしゃべり依存症の人に、
身内でも、知人にでも、
聞き役の人がいなかったら、
不機嫌の塊になってしまうだろうな。

(参考)居眠り磐音(17) ─ 紅椿ノ谷(佐伯泰英)

No.7171


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です