人間ひとりひとりにとって、…

人間ひとりひとりにとって、
己の存在自体が迷宮であり、

そして
われわれの生きているこの世界、
また毎日毎日の生活、
即・迷路なのである。

(宇宙を翔ぶ眼、岡本太郎)

あれをすればよかった、
これを選んだらよかった…

あの時に決めればよかった、
その時に行けばよかった…

迷いも後悔も、
心のなかに招き入れたら、

いつまでもキリがない。

仮に、キャンセルして
やり直しできることだとしても、

本当に、やり直しするかといえば、
それをするにも二の足を踏んでしまう。

とにかく、迷ってばかり…

人は、
何を選んでも、
何を選ばなくても、
迷う生き物。

そう思って、
自分を扱った方がいい。

そして、
そういう自分が分かったら、
自分以外の人間についても、
そういうところを
理解してあげなくちゃいけない。

(参考)宇宙を翔ぶ眼(岡本太郎)

No.7190


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です