「適当」は、もともとは…

「適当」は、もともとは
「いいかげん」の意味じゃないんだ。
「ふさわしい」「ちょうどいい」を
「適当」っていうんだ。

(ファミレス、重松清)

ちょうどいい頑張りを
続けていくのが、
人生の目的かもしれない。

頑張らなすぎると、
人生がもったいないことになる。

頑張りすぎても、
心や体のバランスを崩したりして、
長続きしなくなる。

だから、一番いいのは、
コツコツ続けられる、
ちょうどよさ。

ところが、
そのコツコツは、
意外と飽きやすい。

そのために、
多くの人が
続けることをやめる。

コツコツが面白くなれば、
一番いいのだけれど、
面白くなりすぎると、
一気に、ガーッとやりたくなって、
ちょうどいいを越して、
イヤになったり、
飽きたりするところまで
行ってしまうこともある。

ちょうどいいを探す人生。
そうでなくても、人生は、
ハプニングが起こるから、
面白くなるように
なっているはずだから。

(参考)ファミレス(重松清)

No.7200


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です