人間というのは、…

人間というのは、
どこまでいっても自分以外には
なれないものだ。

(めくらやなぎと眠る女、村上春樹)

鏡に自分を映してみる。
ああ、嫌だなと思う…

自分より仕事がうまく
出来る人の存在が目に入る。
ああ、こんなふうにはなれないなと思う…

人が寄ってきて、
面白そうな話を聞かせる人を見る。
ああ、自分には友達がいないなと思う…

嫌だ、
無理だ、
もってない、
自分についての
否定的な考え方は、
どんどんふくらんでいく。

そのうち、
「自分を」生きることが、
とても苦しくなっていく。

苦しくて苦しくて、
でも、どうしようもない。

やっぱり、
「こんな自分」でも、
生きていく価値があって、
生きていくしかないんだ。

そう思い始められるようになったら、
人生はちょっと変わるかな。

(参考)めくらやなぎと眠る女(村上春樹)

No.7245


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です