人は勝つこともあるし、…

人は勝つこともあるし、
負けることもあります。
でもその深みを理解できていれば、
人はたとえ負けたとしても、
傷つきはしません。

人はあらゆるものに
勝つわけにはいかないんです。
人は必ず負けます。大事なのは
その深みを理解することなのです。

(はじめての文学、村上春樹)

負けても傷つかない
ということは、
どういうことでしょうね。

勝つために、
それほど努力しなかったから、
負けてもどうってことない、
とは違う気がします。

別に勝ちたい勝負じゃないから、
なんとも思わないとも
異なるでしょう。

精いっぱいの努力をしても、
結果を受け止められる心持ちに
なれるってことでしょうね。

勝負は、努力だけで決まらない、
相性、タイミング、運、などなど…
そういう深みが分かってきた時に、
勝負のスリルと、人生の面白みが
見えてくるってことでしょうか。

それが分かる人間になりたいものです。

まだ、血気盛んな自分なので、
中2三女の春季大会を間近に、
いろいろ試行錯誤しているところです。

(参考)はじめての文学(村上春樹)

No.7251


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です