どんなときでも、どんな場合でも、…

どんなときでも、どんな場合でも、
人を羨んではいけない。

他人からは見えていないだけで、
誰にだって、程度の違いはあっても、
人にはいえない苦難や不幸
というものが必ずあるのだから。

(生きる力活かす力、佐々木正)

自分よりマシだ、
と思っていた相手の状況が、

後々になって、
「こりゃあ、大変だ。
 まだ、自分のほうがマシだった」
と思い直すことがあるものです。

その反対に、
問題ないと思っていた自分の状況が、

他人と比べたら、
意外にも大変な状況だった、
と気づかされることもあります。

他人の見えている部分だけを
見るだけでは、やっぱり分からないし、
そこだけを見続けていると、
人間を浅くする気がします。

見えないことを
「見えている」と思うよりも、

「見えていない」と思っていたほうが
賢明なのでしょう。

(参考)生きる力活かす力(佐々木正)

No.7281


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です