傷つく勇気がなければ、…

傷つく勇気がなければ、
何も手にすることはできない。

(片想い白書、唯川恵)

わたしの余命はあと1週間
と分かって、
妻と二人になった時に
泣いていた。

先週テレビで何度も放映された、
あの号泣議員さんのように…
短い時間だったけれど、
涙を流していた

でも、泣いてもしょうがない、
落ち着いて、残された「今」を
生きようと、思い直す。

…という夢を見た。

あの議員さんの放送を
何度も見たせいだろうか、

それとも、わたしは、
自分の健康に不安があるのか。

よく分からないけれど、
「今」を生きようと思い直せたのは、
夢のなかとはいえ、
いいことだと考えた。

今を生きている限り、
必ず傷つくこともある。

それでも今を生きる、
という決意。やっぱり大切だ。

(参考)片想い白書(唯川恵)

No.7334


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です