私が見ているこの現実が、…

私が見ているこの現実が、
唯一の世界ではない。

(ポケットに物語を入れて、角田光代)

自分のものの見方が、
これじゃあダメじゃないか、
と思える生き方。

これって、どうでしょう?
(漠然とした質問で、すみません)

○○歳にもなって、
それじゃあダメだろう…

という見方もあるでしょうし、

○○歳になっても、
そういう気づきがあるってのは、
何かチャレンジしているか、
問題にぶち当たっているわけだから、
悪くないんじゃないか?

という意見もあるでしょう。

なぜか分からないが、
中学生?の頃に学んだ論語が
思い浮かんでしまう私は、

「○○歳にもなって…」
という考え方に縛られがちだったが、

ここ最近、
「悪くないんじゃないか?」
と開き直ってきた。

あまりにも、
自分の見方のダメさに、
ぶち当たるもので。

正直、心のなかでは認めたくないが、
やっぱり、痛い目に遭うと、
認めざるを得ないのが現実で。

現実には、
いろいろな見方があるもんです。

(参考)ポケットに物語を入れて(角田光代)

No.7416


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です