知識、才能…

知識、才能
というものについては
負けてもいい。
それはすぐれた人が
たくさんいるだろうし、
負けてもいい。

だが、この仕事を
やっていこうという熱意だけは
君が最高でなくてはならない。

(事業は人なり、松下幸之助)

上には上がいる。
たいてい、どこかにいます。

賢くなったな、
強くなったな、
うまくなったな、
自分では思っても、
「上がいる」ことを
忘れないようにした方がいい。

ただ、上がいるからって、
自分を卑下する必要もない。

トップになれなくても、
自分のレベルにおいて
最高の力を引き出せるように
なれたらいい。そう思います。

その力を引き出すために、
勉強したり、練習したり、
その努力を続けていく。

最高の力を出す、というのは、
一生の付き合いになる自分との
付き合い方を学ぶことでしょうから。

(参考)事業は人なり(松下幸之助)

No.7591


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です