生きるということは、…

生きるということは、
嬉しいこと半分、
辛いこと半分のものなのですよ。

(十二国記 風の万里 黎明の空、小野不由美)

今日の一番最後に
どんなことがあったか、
どんな気分だったかに
とらわれすぎると、
今日の幸せを逃してしまう。

最後の最後に、
いつもいいことがあるとは
限らない。

それは、長い人生でも、
きっと同じこと。

人生の一番最後に
いいことがあるか、
どんな気分になれるかに
こだわりすぎると、

それまでの人生の時間が
「何でもない」という
もったいないとらえ方に
なってしまうんじゃないだろうか。

そんなことはないべ?

(参考)十二国記 風の万里 黎明の空(小野不由美)

No.7664


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です