どんな場所でもオドオド…

どんな場所でもオドオド
しないようになった自分を見て、
「大人になるって、
ラクになるってことなのね」
とも思います。

人生で様々な場数を踏んだからこそ、
どこにでも平気でいられるように
なったのだ、と。

(中年だって生きている、酒井順子)

同著には、こんな言葉もあります。

人生に欠落感を覚えている人ほど、
激しく老化に抗うのはないかと思う。

「安心して老けられる」ということは、
今や本当に幸福な人のみに
与えられた特権です。

日本人はまた、
潔く身を引くことをよし
とする国民です。
大相撲の横綱は、
ほんの少し衰えが見えたら、
もう引退。
だからこそ、
もう肉体が崩れてきているのに
お色気の土俵からおりない中年女は、
眉をひそめられます。
この時に漂う「不潔感」とはすなわち、
「清潔ではない」ということではなく、
「潔くない」ということなのだと思う。

ここ数日の大雨のニュース、
自然には逆らえないと
改めて思います。

老いていくのも、
逆らえない法則です。

今ある能力を
どこで誰に活かせるか。
それを考えるのと、
どうしたら老けて見えないかに
心と時間とお金を注ぐことと、
生き方はいろいろあります。

(参考)中年だって生きている(酒井順子)

No.7669


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です