人生の転機なんて、…

人生の転機なんて、
どこにあるのかわからない。
生きているとなんとなく、
自分の人生の、
いわゆる先みたいなものが
見えてしまうことがあるけれど、
そんなのはまったく錯覚なのだ。

(掟上今日子の推薦文、西尾維新)

他人の言葉に
支配されてしまうことがあります。

自分では、そんなこと
思っていなかったけれど、
言われてしまえば、
「そうかもしれない」とか
「そうなったらどうしよう…」とか
「そうなりたくない」とか
必要以上に意識してしまう。

そんな時には、
開き直ればいい。

自分にも他人にも、
本当のこと、先のことなんて、
まだまだ分からないのだ、と。

支配されそう、
束縛されそう、
押し潰されそう、
と思ったら、早めに避難だ。

自分の体裁とか、プライドなんか
余計なことを心配せず、
避難した方が、賢明だろう。

(参考) 掟上今日子の推薦文(西尾維新)

No.7672


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です