繰り返し

河合隼雄,いい言葉

説教をしながら、何となく自分の言っていることが相手の心にとどいていない、効果をあげていない、ということがうすうす感じられてくるので、どうしても同じことを繰り返したり、だめ押しをしたくなったりして、長くなるのである。

(こころの処方箋、河合隼雄)

話が長くなっちゃったな、と思うときには、
相手のことが良く分かっていない可能性あり。
相手を分かっていない時に話をするのは、
実は、かなり高度なことだと思う。


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です