最大の障害は自分自身


最大の障害は自分自身の中にある。
自分が変わらなければ好転しない。

(チーズはどこへ消えた?、スペンサー・ジョンソン)

2001年のベストセラー本。
その後のどじょう本3冊も買って既読済。
(バター、ひまわりの種、チーズはここにあった!)
ちまたでは、チーズ対バター、どちらの本が
正しいのか、なんていう議論も起きたりした。
私は、それぞれが別々の原則を伝えていると思えたので、
それぞれが面白かった。

自分自身の障害、これに早く気づけば、
たとえ、それだけが障害でなかったとしても、
自分の成長につながる…

これから出会う変化、課題、困難は、
自分自身の中にある障害や不足する点を見出し、
成長するためのものと思って、
進んでいけば、かなり変わってくるはず。

今日の私も、みなさんも、
何かに出会うはず。頑張りましょう!


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です