男が見栄を張るのは、

男が見栄を張るのは、
じつは自信のなさの裏返しに
すぎない場合が多いのです。

(銀座ママが教える「できる男」「できない男」の見分け方、ますいさくら)

見栄というのは、一度張ったら、
もう張り続けるしかない。

自分のやっていることが
うまくいっていないのに、
うまくいっているように見せるのに
一生懸命になる姿。

だから、現代は、ネットに、
そういう「見せる」が溢れている。
そのせいか、SNSや動画配信を見るのに、
胸焼け気味の人もいるだろう。

さくらさんは、こうも言う。
「私がすべきことは、決してベンツに乗ること
 ではなく、まず自分を磨くこと。
 …
 ですから、うまくいかないからといって、
 夢をあきらめないことが大切。
 毎日一歩でも夢に向かって前進することが、
 自分を磨くいちばんの近道です。」

どうせ、一生懸命になるのなら、
実りの少ない「見栄っ張り」よりも、
夢が叶うかは未知であっても
夢に向かって自分磨きをした方がいい。


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です