右腕を失ったことは…

ただ、振り返ってみると、
右腕を失ったことは、悲劇的な経験ではなく、
むしろ偉大な祝福の一つだったというのが
今の正直な気持ちです。

(ジョン・B・ディクソン)

20代の頃、会社の同僚女子が、
若くして亡くなった。

葬儀に参列した際、
ご両親が嘆く姿を見て、
もし、自分が亡くなったら、
あるいは、自分の妻や子供がなくなったら…
ということに考えが及んだ時に初めて、
そのご両親の気持ちが伝わってきた。

と同時に、そういう時が、
彼らばかりでなく、自分にも必ず、
訪れることも実感した。

何かしらを失っていくのは、
人生では不変なことだ。

しかし、何かを失ったとしても、
時間が進むこと、
生きていかなければいけないことも、
不変のことだ。

私も、年を重ねてきたので、
「あったもの」「いた人」
を懐かしむのは、心が和む。

けれども、
「なくなったもの」「いなくなった人」
として考え始めると、とたんに、心が痛み始める。


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です