人の心は庭

人の心は庭のようなものである。

それは、知的に耕されることもあれば、
野放しにされることもある。

そして、いずれの場合にも、
かならず何かを生産する。

(ジェームズ・アレン)

生きていくなかで、
見ていくもの、ふれていくもの、聞いていくもの、
それらが目や頭、耳から入ってきた後に、
心の中に、どんなふうに入っていくか。

たぶん、心は素直に、
これは自分と、どう関係あるのか、
と考えるはず。

関係を感じなければ、
忘れたり、捨てたりするだろう。
そうすれば、心の糧にはなり得ない。

関係を見出したものだけが、
自分の心を耕すものになるんだろう。


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です