…敵は、外にはいません。

改革をはばむ敵は、外にはいません。
内側にいます。

(ライオンは眠れない、サミュエル・ライダー)

新しいことをしようとする時、
やはり、抵抗勢力というものが必ずある。

そして、それは、外部からの圧力よりも、
内部の足引っ張りが多いと思う。
組織という面で言えば…

また、自分が何か新しいチャレンジを
しようとした時、
「やめた方がいいよ。」
「無理だよ。」
という声が、他の人間から言われる。

ただ、結局のところ、
それらの声の大きさよりも、
「そうだ、このままでいいよ」という
内なる声にどれだけ耳を貸すかが、
決め手のように思われる。

社会でも、人ひとりの心においても、
「変わらなければ…」という気持ちと、
「今のままがいい」という気持ちが、
いつも交錯している。


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です