言葉の力

言葉の力は絶大だから、
そこに何の真実性がなくとも
他人に影響を与えてしまうのだ。

(成功の掟、マーク・フィッシャー)

私たちの耳に入る情報、言葉は、
それが真実かどうかよりも、
どれだけ人の心を動かす要素があるかどうかの方が、
何倍も重要なことがある。

愛について言えば、この歌を思い出す。
「愛持たぬ一つの言葉
 愛を告げる幾十の言葉より気にかかる」
(サラダ記念日、俵万智)

いくら愛される言葉を言われようとも、
冗談で言われた「嫌いだ」なんて言葉が
気になってしまう。

織田信長が、大軍で攻めてきた今川義元に
勝つことが出来たのも、情報(言葉)を操り、
裏切り者を追い込んだり、
今川義元を油断させたりさせたためだった。

ネット販売や詐欺等の被害が出るのも、
「やせる」とか、「儲ける」とか、
人の心の奥底を動かしてしまう言葉の
せいなのだ。

心が動かされてしまうと、
商品がどんなものであれ、
目の前にある広告の信憑性、
セールスマンの信頼性が見えなくなってしまう。

賢明な者は、言葉を操る、
愚かな者は、言葉に操られる、
まさしく、その通りだと思う。


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です