言われていることだけ…

黙って言われていることだけやっていたら、
いつまでたっても、板前(プロ)にはなれない。

(板前修業、下田徹)

下田さんの言葉を、もう少し引用する。
「私の当時の仕事は鍋洗いでした。
 鍋にはつゆや具と一緒に水道の水が
 たくさん入ってる。これはあとで
 わかったことですが、
 鍋に残ったつゆを、
 弟子がそっとなめて味を学んでしまうのを
 防ぐために、だったそうでございます。」

今は、コーチングが重要視される時代。

昔のように、教えてもらえない環境で、
自分をどう育てていくかを考えることは、
めったにないかもしれない。

そうではあっても、きっと、
誰にでも1つくらい、
教えてもらえなくても、
どうしても知りたい、
知るために何でもやる、
と思えるようなことはあるはず。

それが、仕事であるかないかの違いだけ。

もしくは、今は、
仕事になっていないだけの話。

ハングリー精神、なんて言葉も、
死語になりつるあるかもしれないが、
飢えるように求める何かって、
きっと、誰にでもあるのだ。


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です